ブログ

田舎での仕事について

こんにちは、いずたにです。

おかげ様で、新規事業のキッチンカー(スムージー)も好評をいただいております。
ありがとうございます。

さて、スムージー屋にジョブチェンジしたわけではないと、先日もお話しましたが引き続き、これ絡みです。

地方に移住するとなると、現役世代にとって重要なのが仕事です。最低限の収入は必要ですからね。

さて、一般的には正社員を探すのが基本だと思います。そこで、給与などの条件をみて考えるわけですが、東京から移住を考えると、大体収入は下がります。そこで支出の見直しをおこなうわけですが、物価も下がりますので、大きな影響はないでしょう。

仕事を探す際のもう一つの問題点が、業種が少ないこと。業種があっても今までと同じ業界ではないということも多いです。

新しい業種、分野に飛び込むのは勇気が必要です。二の足を踏んでしまう方は多いです。

ですが、移住するというのは、環境を変えることです。思い切って新しい分野にチャレンジするのは悪くないと思います。積極的にいろんな分野を探してください。

それともう一つ、就農、就漁も含めた起業と言う選択肢があります。

今までの経験を活かして、または若いころにやりたかった分野で起業するというのも方法です。
ただ、起業は簡単ではありません。軌道に乗るまで収入が不安定です。

そこで、いろんな仕事を掛け持ちするという働き方があります。

アルバイトや新しく出会った人の仕事の手伝いなど、いろんなことを合わせて収入を作る人は珍しくありません。
私がそうですし(笑)

FPと移住相談、全国の地域づくりのサポート、講演に執筆、さらにキッチンカー。

関連性があるとはいえ、違う仕事での収入をたくさん持っています。

これは、サラリーマンにないメリットもあります。
自分で仕事を管理していれば、好きなときに時間を作ることができます。

ただしボーナスはありませんが(笑)

アルバイトを掛け持ちするというと、ある程度の年齢では抵抗があるかも知れませんが、自分で起業して、複数の収入を得る。その中にアルバイトが入っているのはおかしなことではありません。

地方移住を考える際、仕事探しの先入観を捨てて、いろんな方法を考えてみてはいかがでしょうか。

迷った場合はお気軽にご相談ください♪

関連記事

  1. 移住相談ガイドブックを作成しました
  2. 子どものため、まちのため、未来のため
  3. 最近のいずたにです
  4. 令和2年度地域別最低賃金
  5. 総務省の広報誌4月号は周防大島特集です
  6. 憧れの高見沢さん的ランディV
  7. 2022年もよろしくお願いします!
  8. ここ最近のいずたに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP