ブログ

3.「Needs」と「Wants」

家計の節約をする際、欲しいものがある場合、それが生活に必要なもの「 ニーズ(Needs)」なのか、そうではなく単に欲しいもの「 ウォンツ(Wants)」かを考えます。 調理器具などでも、あれば便利だけど、なくても調理できるものはウォンツに分類されます。

この考え方は、田舎暮らし・島暮らしを考える際にも重要です。

例えば「自然豊かで景色がきれいなところで暮らしたい」と、「将来のことを考えると近くに病院やスーパーが欲しい」ではまったくかけ離れた欲求です。

前者は田舎暮らしをイメージする際によくある希望ですが、生活に必要なものではありません。 対して、後者は都会でも田舎でも重要な項目です。ただし、「自然の中の暮らし」は都会にはありませんので、最も重要だと思えばこちらがニーズになります。

ですからまずは、何故田舎暮らしをしたいのか、田舎暮らしに何を望むのかを思いつくまま箇条書きしてもらいます。

自然が豊か

人里から離れている

野菜を作りたい

スーパーが近い

病院が近い

福祉施設が充実している

学校がある

釣りがしたい

都会から近い

古民家に住みたい

ネット環境完備 など

すべてが満たされるとは限らないので、出てきた項目に優先順位をつけます。

例えば相談者がご夫婦の場合、ご主人にとっては釣りが重要な項目でも、奥様にとってはかなり低い順位ではないでしょうか。 ですからこれはご夫婦別々で行ってもらいます。

そうすることで、「これがなければ田舎暮らしの意味がない」という自分にとってのニーズがわかり、「あればいいけど、なくても田舎暮らしができる」というウォンツがわかります。

移住先を決める場合に観光マップでは何も見えてきません。定住に必要なのは人生をつくるための情報。観光は思い出をつくるための情報です。 個人的にはきれいな風景の写真だけ見て田舎暮らしに憧れるのは、イケメン俳優にうっとりするのと同じだと思います。田舎暮らしは結婚相手を決めるつもりで慎重に考えましょう。

 

関連記事

  1. 4.担当者も千差万別
  2. 15.田舎でキャリアアップ
  3. 17.農家は個人事業主です
  4. 9.移住フェアのワンポイントアドバイス
  5. 7.似た環境でも賃金が違います
  6. 1.田舎暮らしを考えるみなさんへ
  7. 10.子育て世代が田舎暮らしに必要な年収の簡易試算
  8. 8.田舎と言ってもいろいろあります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP