ブログ

19.あなたの可能性が開花する

先日、いつものように移住相談に来られたご夫婦とお話しておりました。
家のこと、仕事のこと、趣味のことなどなど。
すると、パンを作るのが趣味で、かなりこだわりを持って作られているカンジ。

こういうことを聞くと、つい提案したくなるんです。起業を。
ホントに勧めたわけではなく、提案ですよ(笑)
さすがに無責任に勧めることはできません。

今の仕事も朝早い方だというのもあったので、朝の仕込みも苦痛じゃなさそうな点、特に就きたい業種にこだわりがない点、見込める売上高と原価について、経験がなくても地方移住してパン屋を開業された事例、地方での開業コスト、コロナ禍で廃業される方が増え、中古で設備が安く買えそうなどをサラッとお話しました。

すると、考えてもいなかったという言葉が返ってきました。
確かに都市部で生活していると、店舗の家賃や競合人気店のことを考えれば、お店を出すって発想にならないのかもしれません。

実際、私も都市部で暮らしていたころはしがないサラリーマンでしたから、転職することはしても起業しようなんて考えもしませんでした。
そんな私が起業したり提案したりするようになったのは、地方で暮らして、いろんなメリットに気づいたからです。

商売をするなら、人口は気になるところです。
周防大島は15000人、しかも半数が60歳以上ですから厳しそうです。
しかし、暮らしていると気づくことがあります。

田舎でも朝から全国ネットのテレビ番組で東京の人気スイーツ店の特集や話題のお店を、否応なしに見せられるわけです。
ママさんたちは行きたくなりますよ。でも周りにおしゃれなお店が少ないんです。
そんな田舎におしゃれなカフェがオープンしたら、ママさんたちは車で1時間ぐらいの距離なら全然余裕、乗り合わせて行くわけですよ。

だから車で1時間圏内の人口は対象エリアという見方もできるわけです。
特に周防大島のように、広島県からの観光客も対象となるところでは、もっと大きく考えられます。

暮らしてみるからこそ、自分のできることに気づくことがたくさんあります。
無理だと思っていたこと、そもそも考えもしなかったこと。

地方に目を向けることで、あなた自身の可能性が大きく開花するかもしれません。
無責任なことを言うつもりはありませんが、少なくとも今よりも物事をみる視野が広がります。

せっかく田舎暮らしを考えるなら、あなたの可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 20.二地域居住はいかがでしょうか
  2. 15.田舎でキャリアアップ
  3. 13.田舎暮らしの家計のお話
  4. 2.輪郭をつける
  5. 10.子育て世代が田舎暮らしに必要な年収の簡易試算
  6. 5.事前の情報収集こそ大切
  7. 22.地域おこし協力隊制度を利用して移住するときの注意点
  8. 23.コロナ禍で地方移住は増えた?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP