ブログ

地方移住に関する残念なニュースに思うこと

こんにちは、いずたにです。

先日から、協力隊として地域に入ったら疎外されたという動画が300万回再生されたとか、自治体が広報に「移住者さんは都会風吹かすな」というような文を掲載して反発があったとかの記事が続きましたので、思ったことを。

こういう記事が出るとすぐに「田舎は閉鎖的だ」「やっぱり住むところじゃない」と一方的な意見が占めます。
一方の発信だけで判断できないのに黒判定されます。背景を考えない人って多いんだなと感じます。

だからどっちが悪いとは言えませんが、元協力隊さんの件は、動画を見た限りでは、あえて言うなら間に立つ行政が何かできなかったのかなと。
今までも協力隊が途中で辞めるくらい受け入れ団体が閉鎖的なのがわかっているんですから、受け入れ団体の考え方を変えさせるか、違う団体に配属させるか(当然できない理由があったのでしょうが)。

みなさんに理解して欲しいのは、この方の動画には、地域のたくさんの方にお世話になって、感謝の言葉がたくさんありました。
だから、この地域が閉鎖的で悪いわけではないんです。基本的に温かい人がたくさんいるんだと思います。一方的にこの地域を悪く言うのは辞めていただければと願います。

それと、動画を見た感じでは、人の良さそうな方でしたので、地域に仕返ししてやろうと思っての動画ではなく、今までの活動を応援してくれた方々へ退任する経緯を伝えたかったのだろうと思います。それが、想定外に閲覧されてニュースになったのかなと。
なのでご本人さん的にも不本意な注目のされ方をしていると思います。結果、お世話になった方々が暮らすまちの評価を落として去っているのがちょっと気になりますが。

それからもう一件。
とある地域で広報に移住者が地域住民と円滑に暮らすために「移住者は都会風を吹かさないように」的なことを書いたため、移住者が騒いでいるそうですが、それは反発するでしょう。
だって地域活動に参加せず都会風吹かすような人なんだから(笑)
行政が地域のことを思って、地域を守ろうと思って批判覚悟で強めの言葉で書いたんだと思います。個人的には賛成です。
ただ、都会風を吹かすような人なので、言い方を少しだけ変えても良かったのかもしれません。
いや、これくらい強めに書かないといけないくらい好き勝手な移住者なのかもしれません。

いつも言うのですが、地方は穴の開いた船です。塞がないと沈むんです。それを楽しくみんなで塞ぎながら前向きに進もうとしています(やらないまちもありますが)。
だから事前に現状を伝えておくことが大切です。「乗ってから(移住してから)手伝わないことを言われても、聞いてなかった」と言われたらお互いが不幸です。
だからこの件は、今後は移住前にしっかり伝えて欲しいと思います。批判意見に負けないで欲しいです。

僕は地方移住を促進したいですし、地方の良さを知って欲しいと思っています。
でも、移住したら何をしてもいいわけではありません。何をしようが自由ですが、他人に迷惑をかけるのは自由ではなく勝手です。こんなこと都会も田舎も関係ありません。人が少ない田舎は、移住してもらったら我慢しないといけないの?
逆に地方の人は文化を守るためなら、移住者に我慢させるのは当然なの?そんな考えだから若者が出て行ったんじゃないの?

「田舎は閉鎖的だ」という方と、移住者を受け入れない地方の方。
今後、人口減少が加速するこの国を維持するために外国人に移住してもらって、あなたの近所に外国人がたくさん増えて、日本の文化が損なわれ、軽微な犯罪が増え治安が悪くなり、それが大きな犯罪を引き起こし、あなたの環境が変わったらどう思います?
「外国人を入れるな」「政府は何をしているんだ」って言いたくなりません?それと同じですよ。
私は外国人差別するつもりはありません。でも、違う文化の人が増えまくったらやっぱり不安です。
だからと言って排除するのではなく、お互いが理解し尊重して共存することが大事なのかと思います。

地方は日本の将来を先取りした縮図です。田舎に興味がないからと言って対岸の火事じゃないです。
ネット記事の上辺だけで頭ごなしに批判せず、将来のことを想定して肯定的なアイデアを出してもらえたらなと願います。地方のこと、都会で暮らしていると関係ないと思うかもしれませんが、あなたのアイデアで地方が救われ、日本が上向くかもしれません。

 

 

関連記事

  1. 強みを活かす
  2. 第2回オンライン全国移住フェア、開催します。
  3. 今年の弾き納め
  4. 全国の島とつながるイベント、やってみます。
  5. 人口減少で外国人移住者を受け入れる?
  6. 役に立てる喜び
  7. 移住相談ガイドブックを作成しました
  8. 第11回島時々半島ツアーの募集を開始しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP