ブログ

令和3年度地域別最低賃金です

こんにちは、いずたにです。

早いもので10月になりましたので、令和3年度地域別最低賃金一覧をアップします。
毎年書いていますが、横の順位は優劣を表すわけではありません。
また、全国加重平均額で判断すると、40道県が下回りますので、中央値を参考にしてください。昨年は、コロナ禍の影響を受け、実質据え置き状態でしたが、今年度は生活の安定を促すため大幅に上がり、すべての都道府県で800円を上回りました(事業者さんは大変だと思います)。ちなみに毎年加重平均額に近いのが兵庫県。関西に馴染みのない方は、おしゃれな神戸のイメージを思い浮かべるかもしれませんが、兵庫県って大きくて、北部は日本海に面していて、神戸・三宮側とは全く違うまちなみです。

北部(中部から北と言ってもいいと思います)はお隣の鳥取県や島根県に近いイメージです。
でも、最低賃金に大きな差があります。

田舎暮らしを考える際のチェック項目にしてみてください。

お金がすべてではありませんが、どこで暮らすにしても必要です。
憧れの田舎暮らしを実現させるために、事前にチェックしてください。

 

 

 

関連記事

  1. 週刊SPA!の取材(老後資金について)と補足。
  2. 田舎暮らしの家計の話
  3. 田舎暮らしは計画的に
  4. 平成28年度地域別最低賃金
  5. 平成29年度地域別最低賃金
  6. 地方移住の家計相談
  7. 消費税が2%増えた話
  8. 痴漢冤罪保険が注目されいています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP