ブログ

三宅島でお仕事しました。

こんにちは、いずたにです。

前回の続きになります。

八丈島で一泊してから、次のお仕事先の三宅島へ移動です。


伊豆諸島に渡って、はじめての青空です。

で、船に揺られること4時間。。


三宅島に到着。

今回、伊豆諸島・小笠原諸島でお仕事をさせていただくきっかけを作ってくれた、三宅村役場の木村さんと再会。

三宅村では、実施されている「島暮らし体験事業」にアドバイスをさせていただくことになっていたので、早速合流しました。

参加者さんは10人。しかも全員が30~40代!周防大島のお試し暮らしツアーを現在17回企画してますが、考えられないです。単純にスゴい!
で、合流したところが、就職の説明会。


なんと、島の事業所さんが直々に説明に来られてます。
企画している方との関係性と、島の事業所さんの積極性が素晴らしいです。


その後、場所を移動して役場の野村さんから明日の予定などの説明があり、いったんお宿へ。
私は懇親会まで時間があったので、温泉へ。

その後、懇親会で参加者さんからいろいろお話を伺いました。
どういう理由で、どんな目的で参加されたのか聞くことで、いろんなことが見えてきます。


懇親会でいただいた、金目鯛のアクアパッツァ!

懇親会が終わって、職員さんと一日の振り返り。地元出身の職員さんと、移住したお店の人。
とても勉強になる時間でした(課長さん、ごちそうさまでした)!

明けて2日目。


昨日の事業所さんのお店(会社)に訪問です。人口が増えないと、企業の売り上げもたたなくなる。本当に考えている事業所さんだからこそ、ここまで協力してくれるんです。

この日の夜も気づいたことを言わせていただきました。
お話して感じたのは、三宅村のみなさんが真剣で熱いなぁと。

三宅島は火山の島。定期的に噴火があるため暮らしていくのは大変だと思います。
でも、その土地を大切にし、守っていこうとしている人たちがいる。
ぜひみなさんに知って欲しいです。

仕事としては、感じたことを報告して、その後もやりとりする予定です。
主催者である地域のみなさんの、熱い思いがもっと伝わって欲しいなと心から思います。なのでそのためにできることをさせていただきます。


三宅村役場の野村さん、木村さん、協力隊の木村さん、ありがとうございました。飛行場では最後まで見送ってくだって、本当に帰るのが名残惜しかったです。今度は遊びに行きます。

関連記事

  1. 「仕事をするということ」というテーマでの講演
  2. 続・韓国でスピーチしました!
  3. 山口市でのワークショップ
  4. 地方創生実践塾in周防大島
  5. 尾道市にお招きいただきました
  6. ワクワクのおすそ分けをしてもらった話
  7. 特設サイトの監修
  8. 山口市で引き続きワークショップしてます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP
error: Content is protected !!