ブログ

日大アメフト選手の会見が辛い

こんにちは、いずたにです。

日大と関学の、アメフトの試合での問題で、加害選手が会見をしました。
まだ20歳です。法律上は成人で、大人とみなされます。
でも、社会に出ていない学生です。20歳を超えていようが子どもです。
個人的には法律がどうであれ、大人が作った社会を知らないうちはまだ子どもだと感じています。

大人は狡猾です。その大人たちが作った社会。

その社会の、大人のエゴやプライドのために、そんなものを知らない彼は心に傷を負わされました。
関学の選手は幸い後遺症が残りませんでしたが、彼の心の傷の後遺症が不安です。

守って、育ててやらないといけない大人が負わせたというのは言語道断です。

会見の際、一人一つの質問とルールが決まっていたにも関わらず、複数質問をした大人。
ルール違反を反省している子どもに、大人はルール違反。
彼は一生、ネット上に名前も顔も残ることを覚悟の上で出てきたのに。
ここまで大人の餌食にする必要はないでしょ?このあいだのTOKIOの件とは違いますよ。

この数日前、周防大島の移住体験ツアーに大学4年の子が2人参加してくれていました。
将来の選択肢に地方移住を視野に入れて考えていました。
本当に真剣に、まっすぐ進もうとしています。
でも、どれだけ素晴らしい会社に就職しても、どうしようもない上司の下に配属されたら、この子たちは「仕事って楽しい」と思えないかも知れません。それだけ大人の責任は重いと思います。

きれいな世の中じゃない。それを教えることも必要だと思います。

だからこそ「社会に出たらルール違反を要求されることもあるだろう。でもそんなことをしないで打ち勝つということを、お前たちは学びなさい」という指導が必要だったんじゃないのでしょうか。それが意義じゃないのか。

20歳であろうが社会に出ていない子ども。狡猾な大人の利権の犠牲にしていいわけがない。

子どもを育てないと。仕事って楽しいと知って欲しいんです。

こんなに悲しい一般人の会見はじめて見ました。
今後、不祥事が起きた際、今回の彼同様に一般人の謝罪会見を強要する世の中にならないことを願います。

関連記事

  1. 小笠原の父島・母島でのワークショップ
  2. 地方創生はコケる
  3. G.Wの恒例行事
  4. NHKさんが取材に来たときの話
  5. 周防大島で起業コンペ開催します!
  6. 東京に行ってきました。
  7. 権利の主張
  8. 開業7周年を迎えました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP
error: Content is protected !!