ブログ

周防大島高校での講話

こんにちは、いずたにです。

昨日は久々に高校生に話をしました。
周防大島高校での講話は初めてです。

テーマは「仕事をするということ」。
卒業後の進路が決まった学生が中心でした。

いつものセミナーやW.Sは関心がある社会人の方が中心なので、高校生に話をするのは緊張します。

起業家マインドを育成して、島に新しい風を吹かせることも大事ですが、やりたい仕事に就ける子どもはそんなに多くないと思いますし、やりたいことを見つけられない子どもだってたくさんいます。
そんな子どもたちに、やりたい仕事ではなくても、やりがいは見つけられるということ、時間を無駄にしない、SNSの甘い言葉に流されないなどを伝えました。

全員には伝わらないと思います。私も彼らの世代だったなら寝てたと思います。
ですが、将来壁にぶち当たったときに、思い出してもらえればと願います。

最後に質問に来てくれた生徒さん(地元の出身)の存在が嬉しかったです。
こういう子どもが町の未来を創っていきます。

未来はきっと明るい!

 

 

関連記事

  1. 文明よ、ありがとう
  2. 周防大島の19回目のお試し暮らしツアー
  3. 高齢者の運転免許証は返納すべき?
  4. 限界都市
  5. ホームページ、ちょっと改良!?
  6. 田舎に仕事がないって誰が言った?
  7. 強みを活かす
  8. 空き家が増えると犯罪の温床になります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP