ブログ

地震への備え

この度の平成28年熊本地震によりお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

提携先であるオリックス生命保険株式会社と、日新火災海上保険株式会社から今回の地震の件で発表がありました。

オリックス生命

日新火災

お困りの方や、お困りの方と連絡が取れる方に少しでも情報が目に付く機会が増えればと思い掲載します。

火災保険と違い、地震保険は半額しか補償されませんが、それでも地震保険の加入率は年々増えています。
また、火事や津波で家屋が損壊しても、原因が地震である場合、地震保険に加入していなければ補償されません。ですので震災リスクに備えてご準備ください。

余談ですが、地震保険の保険料は確率論的地震動予測地図や、都道府県を地震の危険度に応じて、3段階に分類して料率を決定しています。下図は損害保険料率算出機構のHPよりお借りしたデータですが、

jisin-ryouritu

上記のように、熊本県は1等地に区分されています。しかし、今回のようにどこであっても地震が起こる可能性はあります。

保険は万が一の際のものです。使わずに済むことが何よりですが、もしもの時のことを考えて、家具の固定や防災グッズの常備と同じく保険の確認もしておきましょう。

関連記事

  1. FPジャーナル
  2. 平成28年度地域別最低賃金
  3. 平成29年度地域別最低賃金
  4. 「MONOQLO」保険特集に協力しました。
  5. 痴漢冤罪保険が注目されいています
  6. 子育て世代が田舎暮らしに必要な年収の簡易試算
  7. 「AERA」にコメントさせていただきました
  8. 田舎暮らしは計画的に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
error: Content is protected !!