ブログ

高齢者の運転免許証は返納すべき?

こんにちは、いずたにです。

高齢者ドライバーの事故がまた起きました。
事故に遭われた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

こうした辛い事故が起きるたび、免許証の返納が問われます。
反射神経や判断能力が鈍ってしまうため、命に関わる自動車の運転に関して、そういったことは必要になってくると思います。
ですが、田舎で暮らしていると、返納しては不便で暮らせないのがわかります。
なので、地方で暮らす高齢者にはせめてMT車は例外として認めることはできないのでしょうか。

田舎ではおじいちゃんだけでなく、おばあちゃんも軽トラを運転できる方がいらっしゃいますが、MT車ですと、クラッチ操作があるため、万が一の場合、エンストを起こす可能性があり、衝突事故につながりにくい。
また、軽トラ自体そんなにスピードが出るわけではありませんし、実際高齢者の軽トラは渋滞を起こすほどのんびりしたスピードで走っています。
そもそもクラッチ操作でAT車より神経を使います。

被害者が出ている社会問題ですので、早急に考えないといけないのはわかりますが、返納では生活に支障をきたすという問題があります(事故を起こすよりは良いですが)。
ただ、高齢者「軽トラ」ドライバーでデータを取ることは難しくないと思うのです。
都会でも軽トラにすれば、踏み間違いによる加速事故は減少すると思うんですけどね。
都会の目線で、のんびりした田舎にしわ寄せが来るのは、腑に落ちないです。

関連記事

  1. 2018年3月3日、いずたにFP事務所開業9周年です
  2. FPあるある
  3. ここ最近のいずたに
  4. 限界都市
  5. 右脳を鍛えるワークショップ、いいカンジです。
  6. 東京の島々での人材育成事業(最終回)
  7. 吉川友梨さんのお話
  8. 地方創生動画「回帰」作りました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP
error: Content is protected !!