ブログ

言うたもん勝ち?

こんにちは、いずたにです。

ネットの普及で一般の我々も思いを発信する手段が増えました。
ワタシもこのブログで思ったことを書いています。
いろんな意見があって当然です。人それぞれの考え方ですので、どれが正しいと論ずるのもおかしな話です。

人それぞれという前提で、個人的な意見を。

いろんな方がいろんなことをFacebookなどで発言されるのを目にしてて、ふと高3の体育祭を思い出しました。
母校では体育祭の後に制服に着替えてフォークダンスをするのが恒例行事でしたが、3年生のとき、終盤に雨が降り出しフォークダンスは中止とアナウンスがありました。

その際、「中止とかイヤや!面白くないやん!」「雨に濡れても平気やわ!」と一部の生徒が騒ぎ出しました。

その気持ちもわからなくないです。男女が手をつないで青春です。ドキドキです。
ですが、当時のワタシには彼女がいたのでドキドキも青春もないわけで。単刀直入に「なんでやねん」と思いました。
で、帰ろうとしたら止められました。

先生「帰ったらアカン!みんな踊ってるやろ!」
ワタシ「雨、降ってるやん。イヤやから帰る。踊りたいヤツだけ踊ったらええやん。」
先生「ほんなら、なんでその時に言わんかったんや!」
ワタシ「それ、卑怯やない?あの時に大きい声出して言うたヤツら、日頃から調子に乗ってるヤツらやん。ホンマにイヤやと思ってるヤツらは性格的におとなしい、声を出せんヤツやってわかってるやろ?そんなヤツらに強要するんか!まじめにやってるヤツより、こんなときに調子に乗って声を出す方が正義か!」

と、まぁこんなやり取りをした記憶があります(結局帰らず、校舎で見てました)
行事に参加せず帰ろうとするのは考えれば論外なのですが、先生の考えは今でも腑に落ちません。
(ちなみに担任でありません。担任は翌日「お前の意見は正しい。ただ、言葉使いがアカン」と叱ってくれました。)

多少おかしな事を言っていてもカリスマ性があれば善とされたり、軽はずみに発信してヘンに期待を持たせたり。
みんなの事を思ってと言えば免罪符になると思ってるのかしら。
あの時に感じた違和感を抱きます。

ワタシのブログは独り言ですからね(笑)

 

 

関連記事

  1. 提唱者と実践者
  2. やってみないとわからない
  3. ギターが増えた
  4. 2017年 新年のごあいさつ
  5. 右脳を鍛えるワークショップ、いいカンジです。
  6. 限界都市
  7. 久々に高校でお話しました!
  8. 権利の主張

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP
error: Content is protected !!