ブログ

吉川友梨さん

2003年、5月20日、大阪府熊取町で吉川友梨さんが行方不明になって15年になります。

ご両親は私の中学校の頃の先生です。
直接、担任だったわけではないですが(私の親友の担任だった)、音楽の先生でした。
本当に先生はいい人です。思春期やら反抗期で一番面倒くさい中学生を相手に真面目に先生をしてくれてました。
(ていうか、迷惑かけたりお世話になった教え子、みんな動こうや。)

正直、毎年吉川先生のことを書くのはつらいです。でも、友梨ちゃんがいなくなってからご両親は想像を絶するくらいつらい思いを毎日されています。

先日、新たな目撃情報が公表されました。何故今頃?という声があがるのはもっともですが、たくさんの情報の中から有力だと思われる情報と警察が判断したわけです。本当に頑張ってくれていると思います。

毎年お願いしています。
ネットの力はすごいと思います。みなさんのその力を貸してくれませんか?
みんなで拡散してくれたら、もっと有力な情報が出てくるかも知れません。

どうかご家族のためにご協力ください。本当にご両親は善人です。友梨ちゃんをご両親のところへ返してあげたいです。
メディアさんは芸能人がどうとか、下世話な話題集めに使っている能力でご家族を助けてください。

15年。こんなに見つからないなんて想像もしていませんでした。
今年も下に過去に書いた記事の転載します。すいません。書くのがつらいです。すいません。

2013.05.20 無題

中学校の卒業式の予行練習が終わったある日。全3年生の前で、英語の岬先生が、私が2年生のときの担任だった森下先生と結婚すると発表されました。みんな突然の発表に驚いていたら、

「ちょっと待った!」

当時、流行っていた「ねるとん」風に現れたのが私のクラスの副担任。みんな笑いながらも祝福しました。その後、岬先生が「先生が本当に結婚するのは大野先生です」と発表。みんな更に驚きました。大野先生は「保健室の先生」で、みんなが憧れる、綺麗で優しい大人の女性でした。おいおい、岬先生じゃあ釣り合わんやろと思っていたら、

「ちょっと待った!」

まさかの2発目にみんなが爆笑している中、現れたのが吉川先生でした。

みんなの前でプロポーズしたときの事を質問され、照れてる吉川先生を見ながら「モジモジして言ってくれないから私が言わせました」みたいなことを大野先生が暴露。恥ずかしそうにしている二人をみんなで祝福しました。卒業式の日のことは覚えてませんが、この日のこと、二人の笑顔は鮮明に覚えてます。

吉川友梨さんが行方不明になって今日で10年。幸せいっぱいだったお二人が、どんな思いで10年間を過ごされたか考えると胸が張り裂けそうです。

以前、超能力で行方不明者を捜す番組というに出演された理由を吉川先生は「ああいった番組に出ると、私に対して世間がどういった目を向けるかはわかります。ただ世間が友梨のことを忘れてしまう、風化することの方が辛いです。」とおっしゃていました。ですから、風化させないために、記事として書きます。

みなさんにお願いです。友梨さんが早く見つかるためにご協力をお願いします。神様がいるのなら、どうかご家族のもとへ友梨さんを返してあげて、休ませてあげて下さい。善人が泣く世の中なんておかしいから。

 

関連記事

  1. FPジャーナル
  2. 小笠原編のおわり
  3. 文化と文明
  4. 三浦さん、お疲れ様でした
  5. NHKの取材がまた来た
  6. ホームページ、ちょっと改良!?
  7. 2018年3月3日、いずたにFP事務所開業9周年です
  8. 小笠原村に来ました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

PAGE TOP
error: Content is protected !!